• HOME
  • お知らせ
  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の受診について

新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の受診について

以下の条件に当てはまる方は、新型コロナウイルス感染症が疑われますので、直接医療機関を受診せずに、まずは「帰国者・接触者相談センター(住所地を管轄する保健所)」に電話し、指示に従ってください。

  1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  2. 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けてい る方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  3. 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う 場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

高齢の方をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方および妊婦の方は、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合はすぐに「帰国者・接触者相談センター(住所地を管轄する保健所)」に電話相談をお勧めします。

瑞穂保健センター・感染症対策等担当

所在地:瑞穂区田辺通3-45-2
電話:052-837-3264

発熱、風邪症状の方へのおねがい

発熱・せきなど風邪症状がある場合は、受診前に予め当クリニックへ電話連絡をお願いします。
院内感染予防のため、咳・くしゃみの際、マスクやティッシュ、ハンカチで口や鼻をおさえ、必ずマスクの着用をしての受診をお願い致します。