皮膚科・小児皮膚科

赤ちゃんからご年配の方まで、家族みんなのかかりつけ医

赤ちゃんからご年配の方まで、皮膚・爪・髪などに関するあらゆる症状をご相談ください。最善を尽くして診断・治療いたします。

一般皮膚科

赤ちゃんからご年配の方まで、家族みんなのかかりつけ医

赤ちゃんからご年配の方まで、皮膚・爪・髪などに関するあらゆる症状をご相談ください。

皮膚科で診療する主な疾患

アトピー性皮膚炎、乾燥肌、湿疹、あせも、かぶれ、オムツかぶれ、やけど、薬疹、水虫、脱毛症、とびひ、みずいぼ、いぼ、うおのめ、できもの、にきび、赤ら顔、帯状疱疹、ヘルペス、乾癬、白斑、巻き爪、蜂窩織炎、疥癬、皮膚腫瘍、シミ、多汗症 など

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎の治療では、基本治療である軟膏療法から最先端治療である注射治療なども相談に応じ、適宜行っております。

小児皮膚科

新生児・乳児・幼児の皮膚は、特に繊細で、皮膚トラブルがよく起こります。
おむつかぶれ、乳児湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎など、赤ちゃんや子どもの皮膚に関しても、皮膚科医は専門的に診察できますので、気になる皮膚の変化、治りにくい症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

他のお子さんにうつりやすい以下の皮膚の病気も、早めにご相談ください。

  • とびひなど、細菌性の皮膚の病気
  • イボ・水いぼなど、ウイルス性の皮膚の病気
  • 水ぼうそう・はしか(麻しん)・風しん・手足口病といった皮膚にも症状が出るウイルス性の病気

水いぼの診断・治療をご希望の患者さんへ

水いぼの治療は、処置の痛みを和らげるために、ご希望の方には事前に麻酔テープを貼ります。
麻酔が効くまでに1時間かかるため、診察終了時刻の1時間前までに受診していただきますよう、お願いいたします。